私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

月別アーカイブ: 2009年5月

ブレイクスルー

ここ数週間で、オリーブの新芽が爆発的に成長しています。

 ブレイクスルー

写真にある深緑色の葉は去年からあるオリーブの葉で、明るい黄緑色した葉は、ここ数週間で爆発的な成長を遂げているオリーブの新芽です。

 

このオリーブの木も冬の時期は新しい芽を出すことはなく、ずっと同じ状態のままでした。 でも冬の時期から見えない部分で根をしっかり張らせたり、春に新しい芽を成らせる準備をしっかりとしていたのでしょうね。

 

と、オリーブの木の成長ぶりを書きましたが、今日は患者さんの症状のブレイクスルーの話。

 

左足の坐骨神経痛で当院に来られた60代女性のKさん。 施術の効果は最初からてきめんに出て、数日おきに来て頂いていた状態から、1週間間隔に来ていただいても大丈夫な程に痛みは軽減。 そしてさらに施術間隔を空けて10日おきに来ていただくようになった。

 

が、10日経ってから来ていただいて、症状の確認をすると、 「3日ほど前から、また痛みが出始めました。」 「良い状態が続いたんですけど、昨日からまた痛みが出ました。」 と、なかなか10日という壁を越えられずに、10日間隔の施術を4回繰り返す状態が続きました。

 

施術後の反応は悪くない、でも10日ほどで痛みがまた出てしまう。 施術の方向性は決して間違っていないという自信があったので、Kさんには「今が踏ん張りどころだと思います。Kさんの自然治癒力が勝るか、悪い状態の腰椎が症状を引き戻すか、今は綱引きをしている状態ですから、この状態を乗り切れるかどうかだと思います。」 とKさんには伝えていました。

 

そして2週間空けて本日の施術。 「先生!あれから痛みが出ていないです!!」 とKさんから嬉しい声が飛び出てきました。

 

「ブレイクスルーが来ましたね!これから更に症状は改善されると思いますよ!」 と私もKさんに声をかけました。

 

施術をしていると、ある時に壁にぶち当たったように症状に変化が見られない時がありますが、ここは施術家としても患者さんとしても忍耐のしどころだと思います。 施術家も患者さんもどこまで施術を続けるか見極めが非常に大切なところだとは思いますが、それよりも大前提として、施術家も患者さんも「絶対に症状を改善させたい!」と強く願う心が症状改善につながっていくとしみじみ感じました。

 

「冬場の寒さを乗り越えて、春に新しい芽をならせるオリーブの木に似ているな。」 Kさんのブレイクスルーを目の当たりにして、ふとそんな風に思いました。

カテゴリー: 症状改善, 腰痛 | コメントをどうぞ
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。