私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

日別アーカイブ: 2014年4月23日

「痛み!」とその伝達について

今回のブログは志木クラニオ・カイロプラクティック整体院 勝畑 学先生のブログから記事を引用しています。

 

『関東地方の桜はほぼ散ってしまったのでしょうか? 毎年のことではありますが、散りたての時期は妙に寂しさを感じて しまいます。
柏市 整体

今回は痛みの発信源=受容器とその痛みの伝わり方について考えていきたいと思います。

 

ところで、受容器とは一体何でしょう? 受容器とは人間や動物が外界からの刺激および体内で生じる刺激を 受け入れる器官のことで目・耳・鼻・舌などもそれにあたります。

 

皆さんも経験があると思いますが、指を切ってしまったり、膝をぶつけてしまったりすると、当然、痛みが走ります。

 

まず、この外から受けた衝撃(痛み)は受容体と呼ばれるセンサーにて様々な刺激として感じ取られます。(機械的刺激・温度刺激・化学刺激など)

 

その後、感じた刺激は受容器と呼ばれる部位にて電気的な信号に変換されます。電気的信号に変換された時点で初めて脳に伝わりはじめ、最終的に「痛み」として認識される訳です。

いわば受容器は感じた痛みを電気的信号に変換する発電所のようなものなのです。

そもそも受容器は神経の末端が変化して出来たもので、痛みを発生させる受容器は侵害受容器もしくは痛覚受容器と呼ばれます。

 

さて、電気信号に変換された痛みの信号は受容器の種類によって決めら れた送電線(神経)によって中継基地(後根神経節)を経由した上で 変電所(脊髄)へと送られます。

変電所(脊髄)から、さらに脳(痛み認識センター)へのルートでは 電気的信号からさらに神経伝達物質と呼ばれる化学物質に変換されて 送られます。

 

受容器から脳まで一本の送電線(送電形式)で伝わった方が早いような 気がしてしまいますが、そうする為にはたくさんの送電線が必要になっ てしまうのだそうで、変換して伝えた方が情報が集約され、実際は早く伝わるという事だそうです。

なお脳のどの部位に伝わるかは痛みを作った発電所(受容器)の種類 によって異なるそうです。

 

痛みの伝わるシステムは一見単純なようで、実はもろもろ複雑なんですね!!』

 

 

なるほど、痛みと神経伝達の仕組みについて、非常に解りやすい説明ですね!
カイロプラクティックは、身体の歪みを正すと捉えている方が多いと思いますが、 カイロプラクティックは、実は身体の歪みを正すことによって、末梢の筋肉や痛みの受容器と脳の間の神経伝達異常を正しているのですよ!

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院 | コメントをどうぞ
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。