私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

日別アーカイブ: 2014年11月6日

過剰な免疫反応が起こすアレルギー

今回のブログは 中野カイロプラクティックオフィス 薬袋 聡先生の記事を引用しています。

 

柏 整体

体の免疫機能には血液中の白血球が深く関わっています。
本来、体を守る免疫機能ですが、体に害を与えることもあるのです。

 

今回は、アレルギーについて書かせていただきます。

 

【アレルギーとは?】

 

私たちの体には、外部から体内に侵入してくる外敵に対して、”退治しよう” とする免疫の仕組みがあります。
ところが、食べ物や埃、花粉など通常では無害なものに過剰反応してしまい、体に害を与えてしまうことがあります。
この現象を「アレルギー」といい、アレルギーを起こす物質を「アレルゲン」と言います。

 

アレルゲンは私たちの身近なところに存在しています。
食物アレルギーを引き起こす鶏卵・乳製品・小麦などの食物や、埃・ダニ・花粉・昆虫・動物のフケや毛など、あらゆるものがアレルゲンとなりうるのです。
そして、アレルゲンとなる物質は人によって様々で、症状も異なります。

 

【アレルギーが起こる仕組み】

 

アレルギーは白血球中のリンパ球の働き方によって起こります。
体内にアレルゲンが侵入すると、ヘルパーT細胞の指示により、B細胞に指示を出すヘルパーT細胞には、B細胞のIgMの作りすぎを抑える「1型ヘルパーT細胞(Th1)」とB細胞の1gE作りを助ける「2型ヘルパーT細胞(Th2)」の2種類があります。

 

健康な状態では、この2つの働きがバランス良く行われているのですが、アレルゲンの侵入によって過剰な反応してしまうと、Th2の働きが強くなりTh1の働きが弱くなってしまいます。

 

Th2の強い働きによってIgEが作られすぎると、目・鼻・肺・皮膚・腸などの粘膜にある「マスト細胞」という細胞にIgEが結合します。

 

そこに再びアレルゲンが体内に侵入すると、マスト細胞が活性化させ、かゆみや鼻水などのアレルギー症状を引き起こすのです。

 

【アレルギーの要因は様々】

 

アレルギーが起こる要因には、遺伝・環境・食生活・病気・ストレスなど様々な要因がありますが、これをすれば ”アレルギー予防になる” という方法は残念ながらありません。

 

しかし、アレルギー自体は免疫系の機能不全の一種です。

 

体の調子を整えることで、症状を軽くすることはできます。

 

どの症状にも共通していえることですが、身の回りを清潔に保ちしっかりと睡眠をとるなど、規則正しい生活習慣を心かけることが大切です。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院 | コメントをどうぞ
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。