私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

日別アーカイブ: 2015年8月3日

最近は産湯を使わない

今回のブログは  たかQカイロプラクティックセンター 高久和巳先生の記事を引用しています。

柏 整体

医療ドラマなどで出産直後の赤ちゃんを産湯につけるため、「生まれた~スグにお湯をたくさん用意して!」といった場面や漫画などでは産湯につけてる場面をよく見ているためか、出産した赤ちゃんは産湯にすぐにつけないといけないような刷り込みがされているのではないでしょうか!?

産湯の目的は生まれたての赤ちゃんは、お母さんのお腹にいたときに羊水内で皮膚に胎脂(たいし)が付いてたり、出産の過程で血液などが付いているため、これらを洗い落として清めるのが目的のようです。

以前では特に感染症予防という目的があったため、感染症予防薬を産湯にいれているときもあったようです。

あと、ドラマである「ありったけのお湯」は赤ちゃんの体を洗うためだけでなく母体や機材の汚れを洗い流すための目的もあるようです。

産湯を使わないほうがいい

出産してスグに産湯を使うと、実は赤ちゃんに様々なマイナスの要因を与えることになるからです。

1、赤ちゃんを温めることで、エネルギー消費を高めてしまう(体力保存)

2、皮膚を擦ることで皮膚表面を傷めてしまう危険性がある(細菌感染予防)

3、皮膚の保護に重要な胎脂を洗い流してしまう(免疫抗体保存)

4、沐浴後には全身が濡れており、低体温となる危険性がある

特に重要なのは胎脂を洗い流してしまうことです。

<胎脂の成分は>
10%が脂質(分岐脂肪酸コレステロールエステル)
10%が蛋白質
80%が水分

胎脂は白っぽいクリームのような脂肪分で、生まれたての赤ちゃんには胎脂が身体はもちろん頭や顔にもべったり付いて、赤ちゃんの肌が痛まないためのバリア的な役割をしてます。

胎脂も時間経過とともに減ってくると、外気など様々な刺激によって肌のトラブルが生じやすくなってきます。
肌トラブルは先天的要因もありますが、少なくても胎脂によって生まれたての赤ちゃんの肌トラブルをある程度防ぐことが出来るといわれています。

アメリカなどでは出生後に産湯を使わず、血液等の汚れを取るだけのドライテクニックが主流で、出生後はなるべく赤ちゃんに手をかけず、自然な状態に保つこと目的としています。

ドライテクニックにしても特に新生児の感染症の発症率が上昇したとの証拠もないそうです。

逆にむしろ、ドライテクニックにして他の要因も含め、発症率が低下してるそうで、産湯を使わないことのほうが赤ちゃんにとって様々な利点があることが解明されてきました。

そのため最近の日本の多くの出産される病院でも産湯を使わないドライテクニックを取り入れているところが増えているそうです。

これから出産をされる予定の方は、担当されるお医者さんに聞いてみることをお勧めします。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 学習, 日々の柏整体院 | コメントをどうぞ
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。