私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

月別アーカイブ: 2016年8月

最新治療☆便移植!?便バンク!?

柏市 整体

 

健康な人の便に含まれている腸内細菌を、薬で治療不可能な大腸性疾患患者の腸内に投与することで治療する「便移植(便細菌叢移植)」の臨床研究が2014年から開始され、現在5か所の病院で実施されています。

 

便移植とは、腸内細菌のバランスを整えて、腸の状態を整える治療であり、治療時間1時間以内の日帰り治療です。

 

保険適用にはなっていませんが、治療効果が高いことが報告されています。

 

欧米諸国ではすでに通常医療として実施されており、医療都市であるアメリカ・ボストンでは、2012年に世界初の便に関する施設として「便バンク(優秀な便の持ち主の便を集めて冷凍保存する)」が設立され、500以上の病院で便移植に活用されています。

 

また、必要と思われる微生物を腸内細菌からピックアップしてカプセルに入れて、薬として使用する研究も始まっています。

 

腸内フローラの研究は、医療を大きく変えようとしています。

 

この腸内フローラが、肥満、2型糖尿病、アレルギー疾患などとも関係しているといわれているため、将来的に便移植がさまざまな病気の治療につながる日がくるかもしれません。

 

今後の研究にますます目が離せませんね。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院 | コメントをどうぞ

最近の健康常識

今回のブログは  たかQカイロプラクティックセンター 高久和巳先生の記事を引用しています。

柏市 整体

以前常識だと思われていたことが、最近の医学的見地からすると間違いで、ある意味正反対だというものもあります。
今までの常識が非常識になっているものがいくつかありますのでご紹介したいと思います。
 
以前常識とされていた以下のようなもので、どれが今では非常識になってしまったのか?

  1. 風邪は身体を温めて汗をかくと治る
  2. 風邪をひいたときはお風呂には入らないほうがいい
  3. 熱中症で倒れたら、まず水を摂取する
  4. お茶で薬を飲んではいけない
  5. 火傷のときは氷で冷やす
  6. 睡眠不足になると痩せる
  7. 鼻血は上を向いて首の後ろを叩く

これらの全ての項目は全て健康的常識とされていたものですが、最近の健康的常識ではこれ全てダメなんです。
 
【新しい新常識では】 

  1. 風邪は首の周り、わきの下、足の付け根などを冷やすんです
    太い血管が集まる部位に、冷やしたペットボトルや冷たいタオルなどを置くことで物理的に全体の温度を下げ、体力の消耗を極力避けながら、発汗による脱水を予防するのが目的。
  2. 風邪の際に入浴してはいけないという医学的根拠はない
    古い日本家屋の場合家の外にお風呂があった時代がありその際は、室内外の温度変化により体力の消耗が激しくなるとの理由で入らないほうが良いとされていた。
  3. 熱中症で症状が重いときは、まず首やわきの下や足のつけ根を冷やすんです
    体を冷やしつつ行うべきことは水分と塩分の補給です。
  4. お茶で薬を飲んでもほぼ問題は無いんです(但し一部の薬は効果を損なう)
    逆にミネラル分の多い「硬水」のミネラルウォーターやスポーツドリンク等での服用は効果を損なう可能性があります。
  5. 火傷は水で冷やすんです
    氷を使用することで、逆にやけどの熱傷部位を悪化させてしまうこともあるため
  6. 睡眠不足は肥満の元なんです
    睡眠不足は、糖質の代謝と食物摂取コントロールを低下させるため
  7. 小鼻を押さえて、その後も粘膜を刺激しないようにそっとしておく
    顔を上げると血液がのどに下りてきて、胸やけや吐き気を感じるなど気分が悪くなることがある

 
このように、今まで当たり前と思っていた健康の常識も日々変わってきます。
私たち健康に携わる仕事わさせて頂いてる人間にとっても「えッ!」そんなことあるの?
と、思うようなこともあるほどです。
日々の臨床や研究によって今までの常識がガラット変わることもありますので、ちょくちょく注意していただければと思います。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院 | コメントをどうぞ
2 / 212
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。