私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

カテゴリー別アーカイブ: 自律神経失調症

自律神経失調症

レモングラスで冷え性対策

レモングラスで冷え性対策

最近めっきり寒くなってきましたねペンギン 当院に来られる方のなかでも冷え性の方は非常に多いです。

 

そこで、当院で使用しているアロマオイルを変えてみました!!

 

今までは、グレープフルーツピンクとローズマリーのブレンドオイルでしたが、

今回はグレープフルーツピンクからレモングラスに変更しましたニコニコ

 

 

レモングラスは甘いレモンの香りのする植物ですが、イネ科の多年草の植物です。

 

効能として、副交感神経(身体をリラックスさせたり、血管を拡張させたりする自律神経)の働きを助けますので、胃腸などの消化器管の働きを助けたり、また筋肉や神経に対しては、鎮痛作用があり、体液の循環を促しますので、乳酸を除去して疲労回復を促進しながら、冷え性にも効果が期待できます。

心に対する働きとしては、前向きで明るい気持ちにさせてくれる香りと言われています。

 

まさに、カイロプラクティックの施術とも相乗効果が期待できるアロマオイルと言えますニコニコ
当院にご来院の皆様、是非レモングラスの香りを楽しんでくださいねニコニコ

※当院で使用しているアロマオイルは、好き嫌いの少ない柑橘系の香りをセレクトしていますが、好みでない香りの場合は、使用するアロマオイルを変更しますので、遠慮なくおっしゃってください。

カテゴリー: 健康関連ネタ, 症状改善, 自律神経失調症 | コメントをどうぞ

梅雨時の健康管理

梅雨時の健康管理

今日は今年一番の暑さらしいですねぇ。

しかも湿度もかなり高く蒸し暑いショック!

 

 

さて、蒸し暑く梅雨らしい気候になってきて、クーラーを使用し始めた方も多いのではないかと思います。

ですが、クーラーをつける前にちょっとお待ちをパー

 

クーラーで温度を下げると自律神経の働きを低下させる為、あまり健康に良いとは言えません。

蒸し暑さを解消するには、温度ではなく湿度を下げることを意識して見て下さい!!

 

同じ室温でも湿度を下げるだけで、涼しさや快適さが格段と変わりますビックリマーク

まずは、風通しを良くして湿度がこもらないように工夫をしてみて下さい。

もし部屋の構造上、風通しを良くすることが困難な場合は、エアコンの除湿モードを使用するか、もしくは除湿機の使用をお勧めします。

 

当院は構造上、風通しが良くないのですが、室温は夏場で冷房を使用しなくても27度前後と、そんなに高温にはなりません。

なので冷房は極力使用せずに除湿機でガンガンに湿気を取り除いています。

そして室内の空気に動きをつけるため、サーキュレーターや空気清浄機で室内の空気を循環させています。こうするとカビや雑菌の繁殖も抑えられるので一石二鳥です!!

 

なので重要なのは温度でなく湿度です!!

冷房を使用しなくても、これだけでかなり快適に過ごせますニコニコ

「梅雨時の健康管理は湿度管理から」

 

これを忘れずに梅雨の蒸し暑さを乗り切りましょうニコニコ

カテゴリー: 健康関連ネタ, 症状改善, 自律神経失調症 | コメントをどうぞ

梅雨入り

梅雨入り

今日はシトシトと雨雨

おそらく本日中に『梅雨入り』の発表があることと推測しております。

 

毎年そうですが、季節の変わり目の時期は、体調を崩される方が非常に多いですダウン

特にこの『梅雨』の時期も然りです。

雨雲が近づいてくると頭痛が出てくる人も多いことでしょう。

しかし皆さん。気圧が低くなると体調が優れなくなる理由って考えたことありませんか!?

 

ここで今日も健康雑学ひらめき電球

今日は、「気圧が低くなると調子が悪くなるのは何故か?」

ということを書こうと思います。

 

私は職業柄、健康に関する書籍を多く読みます。

特に免疫学の書籍というのは、健康に関する書籍の中でも非常に高い比重を占めています。

なぜなら、 「人間本来が持つ自然治癒力(免疫力)を高める。」

というのが、カイロプラクティックの基本概念だからです。

 

雨が降るということは、気圧が低いということです。

気圧が低いということは、酸素量も少なくなるということです。

 

酸素が多いと働く自律神経が『交感神経』という、やる気と緊張をもたらす神経です。

逆に酸素が少ないと働く自律神経は『副交感神経』という、気だるさとリラックスをもたらす神経です。

 

自律神経は、交感神経も副交感神経もどちらも大切な働きを持っているので、どちらか一方が悪いわけでもないのですが、体調を崩す大半のケースが、

『交感神経の働きから副交感神経の働きに切り替わる変わり目』

この変わり目に体調を崩すケースが殆どです。

 

これは何故かと言うと、副交感神経は身体をリラックスさせる神経ですから、交感神経の働きで緊張が続き疲れた身体を休めるために治癒反応として、痛みやこりなどの不快症状も出やすくなります。

また血流も急に良くなるので、血管拡張性頭痛も起こりやすくなります。

 

皆さまも、残業続きの仕事からゴールデンウィークや夏季休暇などの長期休暇に入った途端に、疲れがどっと噴出して、逆に体調が悪くなるって経験ありませんか?

気圧と体調の因果関係はこんな理由だったりするのです。

 

また、今年も梅雨の時期が到来です。

季節の変わり目は体調の変わり目でもあります。

 

なので、体調がすぐれない方。自律神経のバランスが悪い方は早めのケアをお勧めいたします。

メンテナンスをしっかりと行って、今年の梅雨も気持ち良く乗り切りましょう!!

私も、皆さまが気持ち良く梅雨を乗り切れるようにサポートをさせて頂きますニコニコ

カテゴリー: 健康関連ネタ, 症状改善, 自律神経失調症 | コメントをどうぞ
2 / 3123
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。