私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

第5回被災地ボランティア活動報告

一昨日、福島県いわき市のNPCバレエスクールにて、NPO法人トータルヘルスサポーターズ主催の第5回被災地ボランティアを行ってきました。

 

昨年の4月から始まった被災地ボランティアも今回で5回を迎えますが、毎回毎回ボランティアに新しく参加して下さる方がいて、本当に感謝です!

 

今回は、午前にヨガインストラクターtaeco先生によるクリスタルボウルヨガ、午後に整体と、新たなカタチでのボランティアになりました。

 

THSチラシ

 

今回も、NPCバレエスクールの生徒さんがボランティアのチラシを作成してくれました!いつもありがとう(^-^)

 

クリスタルボウルヨガ1

 

 

クリスタルボウルヨガの様子です。

 

皆さん、真剣な表情でtaeco先生のお話を聴いています。

 

クリスタルボウルヨガ2

 

福島県いわき市の皆様、殆どの方がクリスタルボウルの音色を聴くのが初めてで、内観ヨガと合わせて、良い癒しと良い気づきのひとときになったということでした(^-^)

 

今回、被災地ボランティアに初参加してくださったtaeco先生にも本当に感謝です!

 

これからも様々なスキルを持った予防医学スペシャリストの先生によるボランティア企画を充実していきたいと思います。

 

 

午後からは、整体ボランティアです。

 

柏整体

 

今回は、東京都武蔵村山市のゆらぎ療術院舩木浩平先生も初参加してくださいました!

 

今回参加してくださった整体師の先生方は、

東京都西東京市の整体腰痛ナイナイ(4277)糸井康之先生

 

東京都瑞穂町の瑞穂カイロプラクティック整体院海老原仁先生

 

千葉県柏市のオリーブの木カイロプラクティックの私、梶原健太郎

 

の4名の整体師の参加となりました。

 

柏整体

 

今回も参加者の皆が笑顔のうちにボランティアを終えることができました。

 

しかし、被災地福島県の現状は、震災後からほとんど変化がなく、復興の状況も岩手県や宮城県と比べて非常に遅れているということです。

やはり原発の影響が非常に大きいと思いますが、原発の避難区域から避難されてきた方も雇用先が殆ど無い状態ですので、賠償金の使い道がパチンコなどの娯楽に浪費されることも多いようです。

 

 

また避難されてきた方を多く受け入れているいわき市も人口が急増し、自治体としてのいわき市もいわき市民にも負担がかかっているということでした。

 

この問題は行政だけでなく、わたしたちNPO団体や、またいわき市に住む市民の方々が力を合わせて、ここの働きを点で終わらせるのではなく、自治体、NPO団体、市民のネットワークを形成していきながら、復興を担っていく必要があると感じました。

 

また、NPCバレエスクール代表の八木沼剛先生も、「子どもたちが、将来、福島県民として自信を持って世界で活躍していけるように、大人たちがその環境を作っていかなくてはいけない。」と熱い想いを語ってくださいました。

 

私たちNPO法人トータルヘルスサポーターズも、ひとりひとりが出来ることは限られているのかもしれませんが、でも、ひとりひとりが自分に出来るベストを尽くせば、必ず被災地復興の力になれると確信しています。

 

これからも、決して被災地の方が孤立してしまわないように、私たちも関わり続けて、復興の支えになっていきたいと考えています。

カテゴリー: プライベート, 日々の柏整体院, 雑感   パーマリンク

第5回被災地ボランティア活動報告 への1件のコメント

  1. Shiro より:

    The day before yesterday, we did the 5th volunteer activity in disaster area at the NPC Ballet School in Iwaki-shi Fukushima sponsored by the NPO Total Health Supporters.
     
    We have had the five times of the volunteers in the affected areas, which began in April of last year. I really appreciate that there were new persons who joined volunteer each and every time.

    This time it was new style of the volunteer. AM; the Crystal Bowl Yoga by Taeco-sensei, instructor of Yoga,, PM ; the massage and chiropractic.
     
    This time also, the students of the NPC Ballet School had made the flyer of volunteer. Thank you always.
     
    The Crystal Bowls Yoga; Everybody was listening to the saying of Taeco-sensei earnestly.
     
    It was the first time to listen to the sound of crystal bowls for them in Iwaki, Fukushima. With the Introspective yoga practicing they said that it became a good moments to get healing and new experience.
     
    It is also really appreciate that Taeco-sensei was joined us for the first time of the disaster area!

     I think we would like to enhance the planning of preventive medicine by specialist with a variety of skills in the future.

    In the afternoon, We did the massage and chiropractic.
      
    This time Funaki-sensei, the Yuragi Clinic in Musashi-Murayama city Tokyo, joined our activities first time.
     
    The other members of this time are as follows.

    Itoi-sensei; the Nai(no)-Nai back pain chiropractic in Nishitokyo Tokyo.

     Ebihara-sensei, Mizuho Chiropractic Clinic in Mizuho-cho, Tokyo

    And I, Kentaro Kajiwara; Olive Tree Chiropractic in Kashiwa, Chiba

     We were able to finish all of the programs with our full smile again.

    However, there might be almost no change in the current situation of the Fukushima disaster areas.
    The speed of the reconstruction in Fukushima is far much slower than that of Miyagi or Iwate.
    The impact of the accident of the nuclear power plant seem to be far too large, so people who have been evacuated from the evacuation zone of the nuclear power plant hardly find job. And some people had to waste the indemnification on the leisure like a pinball game.

    I heard that the more increasing population in Iwaki, which accept many evacuees, the more increasing a burden to the municipal of Iwaki as well as citizens of it.

    It is not only the matter of administration、but also that of the NPO organization and the people in Iwaki, so we shall cooperate each other, keeping this work continuously. And we would be needed to take a role of the reconstruction while forming a network between the local government and NPO organization as well as the citizens network.
     
    Mr. Yaginuma who is the representative of NPC Ballet School said, “We have to make a good environment for the children to have confidence of being residents of Fukushima and do ballet in the world.”
     
    Though what we can do as Total Health Supporters NPO and each of us is limited, but I am certain that It would be the power of the reconstruction of the affected areas if we do our best as one unit
     
    Continuing our work we would like to be supporters of them, lest they become isolated.

Shiro にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。