私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

台風が来ると体調が悪くなってしまうのは何故?

今回のブログは 千葉県 市川市の川島カイロプラクティック 川島和美先生の記事を引用しています。

柏 整体

 こんにちは、また台風がやってきますね。
台風銀座という言葉がぴったりしそうな秋。
台風の来日(?)にちなんで、台風と体調についてのお話です。


この間の台風の通過に伴って調子が悪くなった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

天気が崩れてきたり、曇りの日や雨の前日などに *気持ち悪くなる *イライラする *眠れない *ダルイ *頭痛がする など、さまざまな症状が出るのを「天気痛」「気象病」といいます。

 

天気が崩れる時は前線が通過するとか、台風が通過するなどがありますが、このとき気圧が下がります。 雨が降る前だと湿度も上がりますね。

 

低気圧+高湿度になると体が痛みを感じ取りやすくなるのだそうです。

 

大脳皮質の働きが低下して、自律神経の働きをコントロールできなくなり体が痛みを作りやすい状態になっているのですね。

 

それでも不思議に思いませんか? 天気の変化は全ての人に影響を及ぼしているはずですが、 天気が悪くなっても何でもない人もいますよね。 それはもともと体調が悪くないからともいえます。

 

反対に日常的に *慢性的な痛み(腰痛や、肩こりがあるなど)がある *しょっちゅう頭痛を起こす *体が疲れやすい *眠れない *昔、骨折やねんざをした *むちうちをして首や背中に痛みがある など、割と体調を崩しやすい状態の方は天気の崩れにも敏感に反応することになります。

 

慢性痛など常に痛みを持っている方は、中枢神経の働きを弱めてしまいやすく、大脳の働きも低下してしまいます。

 

すると、自律神経の働きも正常ではいられません。 するとすると体の痛みもさらに強くなっていってしまいます。

 

天気が悪くなると体調が崩れるという方はカイロプラクティックが自律神経の調整を得意とする施術なので一度ご相談されてはいかがでしょうか。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。