私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

秋の花粉症に注意しましょう!

今回のブログは 世田谷カイロプラクティック・整体院 立花 健仁先生の記事を引用しています。

柏市 整体

今年は台風の上陸がとても多いですね。各地で大きな被害が出ていますが、被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。
さて、当院では9月に入ってから「先生、風邪をひいてしまいました」とおっしゃる患者さんが多くなっています。
 
注意して頂きたいのは、風邪と思っていても実は「秋の花粉症」を発症しているケースが多いということです。
花粉症といえば、春のスギ・ヒノキのイメージが強いと思いますが、夏の終わりから秋にかけて発症する「秋の花粉症」にも注意が必要です。

 
【秋の花粉症の症状】
秋の花粉症には下記のような特徴があります。
◆透明でサラッとした鼻水が出る
◆1週間以上、くしゃみや鼻水が続いている
◆目のかゆみがある
◆くしゃみが止まらないことがある
◆熱があっても微熱程度で高熱ではない
◆晴れた日に、より強く症状が出る
◆喘息のような症状が出る。
 
春のスギ花粉は粒子が大きいため鼻粘膜に留まりやすく、喉への影響は少ないのですが、秋の花粉症の代表格である「ブタクサ」などの花粉は粒子がとても細かく、気管にまで入り込み「喘息」の原因となる危険性があります。
さらに、鼻水などの症状を放置していると、副鼻腔炎(蓄膿症)を招き慢性化する恐れもありますので、これらの症状がある方は早めに病院へいって診察を受けることを心がけて下さい。
 
【秋の花粉症の原因となる植物】
秋の花粉症は雑草が主体で空地や道端などいたる場所に生えています。通常は8月頃から花粉が飛び始め、9月中にピークを迎えて10月まで続くと言われています。まさに今が花粉のピークです。原因となる植物の代表格は次の3つです。
 
■ブタクサ(9月中旬~10月中旬)
img_429635_17475377_3
 
秋の花粉症の原因となる一番の代表格です。高さ1mくらいで繁殖力・環境適応力がとても強く、道端・空き地・河川敷などいたる所に繁殖しています。
北アメリカ原産で、アメリカでは花粉症の中ではブタクサが原因のケースが最も多いと言われています。
 
■ヨモギ(8月中旬~10月中旬)
img_3
 
馴染みの深い植物ですが、花粉症を発症させる抗原性の強さはブタクサ以上で、飛散量も年々増加傾向にあり、患者数も増加しています。
 
■カナムグラ(8月中旬~10月中旬)
l_121013_001
 
ブタクサやヨモギと較べると繁殖数が少ないのですが抗原性は強いです。道端や荒れ地、林の周辺などに広く分布しており、つる状の植物で立木や網状のフェンス、電柱等に絡みついています。
 
【花粉症に対する対策】
1、出来るだけ近づかないようにしましょう。
雑草の花粉はスギなどと違って遠くまで飛散しません、よって近寄らないことが一番の予防策です。
原因となる植物が生えている公園、空地、道端、草むら、河原、山、などには極力行かないようにしよう。とくに風の強い晴れた日は要注意。気温が高い日や乾燥している日。雨の日の翌日も危険日です。
 
2、近づく時は完全武装で。
それでも、危険地帯に近づかなければならないときは、マスクや花粉用メガネ、帽子の着用を。レインコート、スカーフなどツルツルした生地のもので体を覆うのも効果的。また、ファンデーションに花粉が付いてしまうこともありますので、なるべくナチュラルメイクで。
 
3、外出後のケアー
外出後は手洗い、洗顔、うがいの徹底を。おすすめは「鼻うがい」。洗面器にぬるま湯を張って塩小さじ2杯を溶かし、これを片方ずつ鼻に入れては出す。さらにシャワーを浴びれば完璧です。こまめな部屋の掃除も大切。掃除機は花粉が排気とともに散らばりやすいので、拭き掃除の方がおすすめです。
 
【我慢せずに早目の手当てを】
秋の花粉症は放置しておくてと、QOLを低下させるだけでなく「副鼻腔炎」、「喘息」などの重篤な症状に発展してしまうケースもあります。よって上述の症状に心当たりがある方は、早目に耳鼻科で診察をお受けになることをおすすめします。
 
これからはアウトドアでの活動に適した季節となりますが、秋の花粉症にも注意して、
秋を十分に楽しんで下さい。

 

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。