私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

丹田(第三チャクラ)を運動学的に捉えると・・・

今回のブログは、 志木クラニオ・カイロプラクティック整体院 勝畑 学先生
の記事を引用しています。

柏 整体
リハビリ経験がある人なら歩行練習時「臍の下から脚を振り出す」と指示されたことが
あるかもしれません。

本来、脚は股関節を通じて骨盤と繋がっており、実際に脚を振り出すのであれば、へその下
ではなくて「股関節から・・・」と表現すべきところです。
これを読み解いていくには丹田という存在を知っておく必要があります。

 

丹田とはヘソ下三寸位の所にあるといわれるイメージ上の器官?(概念?)です。
しかし、感じ取れる人には確実に感じ取れるものです。
本来、概念や体系が違うものではありますが、ヨガで言うのならマニプーラチャクラ
(第三チャクラ)ということになるのでしょうか?

 

合気道、柔術、剣術、気功などの武道・養生法においては体内の気の力の中心と捉えられており、それぞれ丹田を活性化させるための独特の呼吸法や操法が用いられています。

 

運動学的に言い換えると丹田とは重心ということかもしれません。

 

時代劇などで、たまに登場しますが、殿中において武士が城内を丈の長い袴で裾を引き
ずりながら歩いている場面があります。

 

脚より長い丈の袴やズボンをはきながら歩こうとすると、「股関節を振り出す」という感覚
よりもへその下から振り出さないと余っている丈を前に振り出せません。

 

歩行時の振り出しや蹴り出しには股関節だけではなく骨盤の回旋が必要です。
股関節だけで(股関節という感覚で)前方に振り出そうとすると、骨盤の動きは非常に
少なくなります。

 

特に股関節に痛みがある方や、股関節周囲の可動域が低下している方は、元々股関節
自体の動きが小さくなってしまってます。

 

へその下で振り出すとは丹田、即ち、重心を意識して振り出すという意味です。
もし、重心というものが意識できない場合には、本来の骨盤ではなく、骨盤内に脚の付け
根というものがあるはずだ!とイメージすると、重心に近い位置で脚を振り出すことが
できるようになります。皆さんも是非やってみてください。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。