私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

老人の腰が曲がってしまうのはナゼ?

今回のブログは 瑞穂カイロプラクティック整体院 海老原 仁先生の記事を引用しています。

柏 整体

お年寄りの方の腰が、曲がってしまっているのを見かけた事があると思います。
「どうしてあんなに曲がってしまうんだろう?」と、疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
 
この現象は、老人性後湾症(ろうじんせいこうわんしょう)、老人性円背(ろうじんせいえんぱい)などと呼ばれます。
 
腰を曲げることが多い職業(例えば農業など)の人に発症しやすい傾向があります。
 
大きな原因のひとつとして『骨折』が挙げられます。
女性は閉経後に骨粗鬆症になりやすくなります。
加齢に伴いカルシウムの吸収力が落ちて、カルシウム不足になってしまう為です。
そのため『脊髄の圧迫骨折』を起こして、背骨(特に前側)が潰れてしまうのです。
背骨が何か所か骨折してしまい、結果的に腰が曲がっていってしまいます。
 
もう一つの原因は『筋肉の衰え』です。
上半身を支える背中、腰、腹の筋肉が弱ってしまい、上半身を支えきれなくなり、腰が曲がってしまいます。
 
その他に神経の問題もあります。
高齢になると様々な症状で歩行時に痛みやしびれが生じることがあります。
しかし腰を曲げると、その痛みやしびれが軽減することがあるのです。
腰を曲げると楽になるので、普段からそのような姿勢で過ごしてしまい、段々と腰が曲がっていってしまうのです。
 
一度曲がってしまった腰を元に戻すのは、非常に難しいです。
特に圧迫骨折が原因の場合、ほぼ不可能だと思います。
 
腰が曲がったままの生活はデメリットが多いです。
杖をつく事も多くなりますし、その場合は肩の関節にも負担が掛かります。
膝にも負担が掛かり、痛みが出てしまうことも多いです。
一番は腰が曲がらないことなのですが、それにはある程度の筋力トレーニングが必要になってきます。
 
腹筋・背筋が重要なのですが、いきなり始めると逆に痛めることにもなるので注意が必要です。
買い物に行く際に、少し荷物を詰めたリュックサックを背負ってもトレーニングになります。
 
腹筋は両膝を曲げて上体を少し起こします。
おへそが見えるくらいまでで十分です。
 
正しい姿勢を意識して、軽くウォーキングするのも有効です。
 
腰が曲がってしまうのは特別な事ではなく、誰にでも起こりうる事です。
上記のようなトレーニングをしながら予防に努めて、楽しいシニアライフを過ごしてくださいね。

 

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。