私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

不妊症なのかな?と不安になってきた方へ②

今回のブログは 千葉県 市川市の川島カイロプラクティック 川島和美先生の記事を引用しています。

柏 整体

今回のブログは
不妊の原因にはどういうものがあるのかな?
ということをお伝えしていきます。
 
今はご自分でもいろいろと調べることができますが、概要を知っておくと調べる際にわかりやすくなるかもしれません。
 
女性側の不妊原因は主に5つ
①ホルモンの問題
②卵子の問題
③卵管に問題がある
④子宮の問題
⑤原因不明の場合もある
 

①ホルモンの問題
脳下垂体や卵巣に病気(腫瘍・嚢胞など)があってホルモンが出すぎたり出なさすぎたりという場合がある
=高プロラクチン血症、甲状腺機能低下症、多嚢胞性卵巣症候群、早期卵巣機能不全など
→卵が産まれない=排卵障害が起こって無月経になったり、月経不順が起こる
 
②卵子の問題
卵子の奇形、十分な発育がない、卵子がない=自分が胎児のときに卵子が形成されなかったなど
 
③卵管に問題がある
卵を吸い上げられない(卵管采での問題)
卵管がつまっている・周りの組織にくっついて働きが悪くなっている(癒着)。
→卵子や精子の行き来ができなくなって受精ができない。
 
④子宮の問題
筋腫があったり、子宮奇形(形の異常)があって受精卵が着床できない。
子宮頚管(子宮体部と膣の間の所)で頚管粘液が少ないため精子が卵管に到達しずらい。受精しにくくなる。
 
⑤原因不明の場合もある
上記のような原因が特定できないことも多いようです。
私はこれは体の働きが弱っている=機能低下の可能性があるのではないかと考えています。
 

男性側の不妊原因は主に2つ
①精子の問題
精巣で精子が作られない
→男性不妊の70%以上を占める、しかも原因不明が大半
 
②精管の問題
精子が通る管=精巣上体、精管膨大部で炎症などがあり通れない
→射精しても精液の中に精子が少ない
 

もともと生理不順だったり生理が来ないということはありませんでしたか?
 
病気ではないかもしれませんが心配事がある、緊張を強いられることが多いなどがありませんか?
気持ちは体の働きに強く影響します。
すると脳の中から分泌されるホルモンの出方が変わってしまうかもしれません。
 
疲れていたり、最近痩せすぎたりしていませんか?(上記の心配事・緊張感、ダイエットなど)
疲れていると体が動かなくなるのと同じように、子宮などの内臓や、ホルモンを出す脳下垂体という内臓も動かなくなってしまいます。
また、ホルモンの材料は脂肪です。痩せてしまって材料がなくなればホルモンが出づらくなってしまいますよ。
 
生理痛などは筋腫のサインかもしれません。一度婦人科を訪ねてみてくださいね。
 
男性側でいえば、下半身が温かくなりすぎていませんか?
精子は暑さに弱いものです。通気性の良い下着なども検討してみてください。
 

妊娠するということは女性の卵子と男性の精子が出会わなければ成り立たないもの。
男性側の問題による不妊も実は1/3~1/2あるといわれているようです。
ということは不妊症の検査を女性任せにだけしておいては原因を見落としてしまうかもしれません。
ですから女性側にも男性側にも原因がないかどうか調べることはとても大切です。
また妊娠は単純なものではないので、原因が1つとは限らない場合も多々あるようです。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。