私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

細胞分裂と新陳代謝

今回のブログは、【志木クラニオ・カイロプラクティック整体院】勝畑先生のブログを引用しています。

柏 整体
すっかり春らしくなってきました。ひと月前までの寒さが嘘のようです。
 
これは私個人の感じ方ですが、桜が満開な状態を見ていると季節の新陳代謝が完了したように感じてしまいます。
これからの季節、段々と暖かくなり、体の新陳代謝も増して行くことでしょうから、今回は新陳代謝と細胞分裂について考察してみたいと思います。
 
人間のような多細胞生物は常に細胞分裂を繰り返しています。
ある意味、新陳代謝とは細胞分裂を繰り返し細胞を増やしていき、それを維持し続けることとも言えます。
 
ところで人間の細胞には生殖細胞と体細胞があります。
人間の生殖細胞には精子(男性)と卵子(女性)が存在し、自らの遺伝子を子々孫々に伝えていく、という役割を担ってます。
 
一方、体細胞とは皮膚や内蔵、筋肉などの細胞をいい神経細胞など一部の体細胞を除き、細胞分裂によって古い細胞が新しい細胞に置き換わる新陳代謝を繰り返して生命を維持しております。
 
細胞分裂を繰り返すという点では生殖細胞も体細胞と同様ですが、遺伝子(染色体)の数や分裂方法が異なります。
 
人間の体細胞は23対46本の染色体があるのに対して、生殖細胞は23本の染色体しかありません。
これは精子と卵子が卵管内で受精することで23対46本の染色体を形成するからです。
 
また、体細胞と生殖細胞では細胞分裂の仕方にも違いがあります。
生殖細胞は染色体の数を半減させる減数分裂という方法で細胞分裂を行います。
 
文章だとわかりにくいのですが、興味のある方は、「減数分裂」でググってみるとよいかもしれません、図説されてることが多いので一目瞭然です。
 
一方、体細胞の分裂方法は倍数分裂です。
一個の細胞がそのままコピーされて2個になります。
 
ところで正常な細胞はある程度分裂を繰り返していくと自然に死滅します。ある意味プログラムされた自死で、あこれをアポトーシスといいます。
 
この細胞自死機能がが何らかの不具合により壊れてしまい、無限増殖を繰り返す細胞がガン細胞です。
 
しかも遺伝情報が傷つけられ狂っているため、不規則で無秩序、機能的にも正常細胞とは異なった状態で増えていってしまうのです。
 
まとめると以下のようになります。
⇒細胞には生殖細胞と体細胞が存在
⇒生殖細胞は減数分裂、体細胞は倍数分裂と、異なる方法で分裂
⇒細胞自死をしないで無限増殖するのがガン細胞
ということになると思います。
 
代謝や細胞分裂は非常に奥が深い分野なので、いろいろ調べてみると面白いかもしれません。
 
私は中学、高校の理科の授業の時は今ひとつだったのですがテレビのドキュメント番組何かを見ているうちに、この分野に非常に興味をもちました。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。