私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

年別アーカイブ: 2009年

悪性の坐骨神経痛

悪性の坐骨神経痛

先月末から当院に通われているTさん、70代男性。

「3日前から、ものすごく腰が痛くなったので来ました。」 ということ。

 

姿勢分析をすると明らかに脊柱が右に傾いている。 そして右足の親指までシビレが来ているという。

 

坐骨神経痛がある側へ脊柱が傾斜しているケースは、椎間板の髄核が飛び出してしまっている可能性がある。 こういった場合、私たちカイロプラクターは通称『悪性の坐骨神経痛』と呼び、 場合によっては整形外科さんのレントゲン検査を勧めなくてはいけないパターンでもあります。

 

なので、初回の施術前にTさんには、 「椎間板の髄核に問題がある可能性がありますので、数回施術を行って症状に変化が見られない場合、整形外科さんでのレントゲンを勧めますが、それでもよろしいですか?」 と了承を得てから施術を開始しました。

 

施術間隔は1日おきから3日おきの間隔で本日6回目の施術。 当初は夜の睡眠時に痛みで目が覚めてしまうほどの状態でしたが、施術を重ねるごとに痛みが出る頻度が減り、本日来られた時は、 「先生、やっと夜も寝れるくらいに痛みが減り、本当に楽になりましたよ!」 という状態まで回復しました。

 

この状態なら、髄核が飛び出てしまって整形外科的手術を行わなくてはいけないという最悪の選択は免れそうです。

 

これからは慎重に様子を見ながら、まだ右足の指先までシビレが来ている坐骨神経痛の症状の改善を目指すのみです。

 

まだまだ気は抜けませんが、これからもしっかりと施術を続けていこうと思います。

カテゴリー: 坐骨神経痛, 症状改善, 腰痛 | コメントをどうぞ

ブレイクスルー

ここ数週間で、オリーブの新芽が爆発的に成長しています。

 ブレイクスルー

写真にある深緑色の葉は去年からあるオリーブの葉で、明るい黄緑色した葉は、ここ数週間で爆発的な成長を遂げているオリーブの新芽です。

 

このオリーブの木も冬の時期は新しい芽を出すことはなく、ずっと同じ状態のままでした。 でも冬の時期から見えない部分で根をしっかり張らせたり、春に新しい芽を成らせる準備をしっかりとしていたのでしょうね。

 

と、オリーブの木の成長ぶりを書きましたが、今日は患者さんの症状のブレイクスルーの話。

 

左足の坐骨神経痛で当院に来られた60代女性のKさん。 施術の効果は最初からてきめんに出て、数日おきに来て頂いていた状態から、1週間間隔に来ていただいても大丈夫な程に痛みは軽減。 そしてさらに施術間隔を空けて10日おきに来ていただくようになった。

 

が、10日経ってから来ていただいて、症状の確認をすると、 「3日ほど前から、また痛みが出始めました。」 「良い状態が続いたんですけど、昨日からまた痛みが出ました。」 と、なかなか10日という壁を越えられずに、10日間隔の施術を4回繰り返す状態が続きました。

 

施術後の反応は悪くない、でも10日ほどで痛みがまた出てしまう。 施術の方向性は決して間違っていないという自信があったので、Kさんには「今が踏ん張りどころだと思います。Kさんの自然治癒力が勝るか、悪い状態の腰椎が症状を引き戻すか、今は綱引きをしている状態ですから、この状態を乗り切れるかどうかだと思います。」 とKさんには伝えていました。

 

そして2週間空けて本日の施術。 「先生!あれから痛みが出ていないです!!」 とKさんから嬉しい声が飛び出てきました。

 

「ブレイクスルーが来ましたね!これから更に症状は改善されると思いますよ!」 と私もKさんに声をかけました。

 

施術をしていると、ある時に壁にぶち当たったように症状に変化が見られない時がありますが、ここは施術家としても患者さんとしても忍耐のしどころだと思います。 施術家も患者さんもどこまで施術を続けるか見極めが非常に大切なところだとは思いますが、それよりも大前提として、施術家も患者さんも「絶対に症状を改善させたい!」と強く願う心が症状改善につながっていくとしみじみ感じました。

 

「冬場の寒さを乗り越えて、春に新しい芽をならせるオリーブの木に似ているな。」 Kさんのブレイクスルーを目の当たりにして、ふとそんな風に思いました。

カテゴリー: 症状改善, 腰痛 | コメントをどうぞ

記録更新!!

記録更新!!

以前のブログにも書かせて頂いた、身体の傾きが劇的に改善された60代女性のSさん。 当院に来る度に症状が改善されて来ているようです。

 

何を持って症状が改善されているかを判断する基準の一つが、当院まで徒歩でかかる時間。 初回の記録は当院まで徒歩で45分もかかったとのこと。。。 でも、自転車ではなく徒歩で来られるというSさんの意気込みに感心しています。

 

2回目の施術の時に、 「Sさん、今日はここまで何分かかりました?」と尋ねると、 「今日は30分を切りました!!」といきなりの劇的変化!

 

その後も順調に回復し、施術の間隔も今では3週間に空けていますが、ひざと腰の痛みはたまに出るくらいで、痛みが出ても直ぐに痛みは治まるということでした。

 

そして本日3週間ぶりの来院。 「Sさん、今日は何分かかりました?」と尋ねると、 「今日は22分で来ました!」との返答。

 

「記録更新ですね!!」と私は声をかけました。

 

「この調子ならもう卒業できそうですね。」と伝えると、Sさん本人は 「まだ同じ年代の友達と比べると歩くのが遅いから、もう少し早く歩けるようになりたい。」と仰っていました。

 

ということで、これからはひと月に一回の定期検診にウォーキングトレーニングの方法論を加えながら、Sさんと共に更なる記録更新を目指していきたいと思います。

カテゴリー: 症状改善, 腰痛 | コメントをどうぞ
4 / 7«...345...»
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。