私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

日別アーカイブ: 2016年6月6日

子供でもうつ的になるんです

今回のブログは  たかQカイロプラクティックセンター 高久和巳先生の記事を引用しています。

柏 整体

2004年度における北海道の小中学生に対する「うつ傾向の子供」の調査を行ったところ
小学生の7.8%約12人に1人がうつ傾向
中学生の22.8%約4人に1人がうつ傾向
 
え!?子供なのに「うつ」なんか起こるの!とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
天真爛漫で元気なのが子供というイメージから、うつやうつ傾向という元気がなく気持ちが落ち込んでる子供というのは想像しにくいかと思います。
 
また、自分の子供がまさかうつ病になるなんて信じられなかったり、信じたくないという風になってしまうかと思います。
 
しかし、子供のうつを信じたくないという方は、考えを改めてください。
もし、ご自分の大切なお子さんがうつになり、それを見逃してしまうと、成長とともにうつが重くなってしまい、最悪の場合、自殺という悲劇すら招きかねません。
 
そうならないためには、子供のうつに早く気が付いて重い症状になる前にしっかり治してあげることが大切です。
 
うつ病と言っても個人差があり、軽度なものから重い症状までと、段階的にわかれます。
幼い子供のほとんどの場合軽度なうつ病が多く、年齢を重ねるごとに重いうつ病へと増加する傾向があるようです。
そのため、軽度なうつ病の状態を見逃してしまって、重症化する前に発見し、早い段階で対処することがとても重要になってきます。
 
うつ病の症状と気分の落ち込みは違います
やる気が全く起きてこない、うつな気分というものは、殆んどの方が経験されたことはあるかと思いますが、それを差してうつ病とは言いません。
本来ならそのやる気のない状態があっても、気分転換などを行うことで数日のうちに元の状態に回復されます。
 
うつ病の場合は、何らかの要因で強いストレスを感じてうつな状態となり、そのうつ状態が2週間以上続き、同時に生活においてもマイナス的な態度や言動が増え、元の状態に戻らない場合うつ病の可能性が高いといえます。
 
特にこ「うつ病」の状態に陥ってしまっている場合。
認知面や行動面で問題が生じてきます。
 
<認知面の問題>
・考え
否定的な考え、興味の低下、無関心、自尊心の低下、自殺願望など
・ココロ
意識の低下、無力感、絶望感、焦燥感、悲しみ、みじめさ、いらだちなど
 
<行動面>
・カラダ
やる気の低下、集中力の低下、睡眠障害、食欲障害、メタボ、日内変動、慢性疲労など
・社会
社交性の低下、対人関係の失敗、学業困難、不登校など
 

柏 整体

 
うつ状態になる場合、この悪影響の循環が止まらずどんどんうつが悪化していきます。
 

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ | コメントをどうぞ
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。