私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

カテゴリー別アーカイブ: 学習

学習

柏で一番わかりやすい東洋医学《第4回》・・・『たべもの(水穀の精微)から化成した赤い液体(血)』

柏市 東洋医学『柏で一番わかりやすい東洋医学シリーズ』の第4回。

 

前回までは、東洋医学において生命活動を維持する物質である『気(き)、血(けつ)、津液(しんえき)』の気について解説しました。

 

第4回は、たべもの(水穀の精微)から化成した赤い液体である『血(けつ)』の生理作用について解説します。

 

東洋医学的にとらえた血(けつ)と普段わたしたちが理解している現代医学的な血液は、似ている部分もあれば、違っている部分もあります。

前回も解説しましたが、東洋医学は古代の人が自然や人体を注意深く観察してきた合理的な経験医学で、非常に優れたメタファー(隠喩、暗喩)ですので、あくまでメタファーという前提を頭に入れて、イメージしていくと非常にわかりやすいと思います。

 

今回は、東洋医学における血(けつ)のもつ2つの生理的な作用について解説します。

 

滋養作用

筋肉や骨格の成長させる。髪に栄養と潤いを与える。目や耳や内臓などの器官をスムーズに動かす。
など、全身の細胞や器官に栄養を送り正常に機能させる作用。

 

寧静作用

精神的に落ち着かせる作用。

血が十分あり循環していると、意識が明瞭になり精神が安定する。

反対に悩みやストレスなどを抱えていると、血が過剰に消費され、血の不足や機能低下などを生じる。

 

以上、この2つの作用が血のもつ生理的な作用です。

この2つは私たちが普段イメージしている血液の作用と殆ど一緒なのではないでしょうか?

血液は、全身の細胞に栄養を送っていますし、ストレスや悩みを抱えると副腎皮質からコルチゾールが分泌されて、血糖値を上昇させますし、この状態がつづくと、不眠症やうつ病になったり精神にも影響してきます。

 

古代の人は、現代の精密的な解剖学や生理学を理解していませんでしたが、臨床的な観察を繰り返すことで、当時から、血液が全身に栄養を送って各器官の機能を正常に保つ作用があったことや、血液と精神が互いに影響を与えあっていたことを十分に理解していたんですね~。

現代のように非常に優れた精密医療検査機器が無い時代に、ここまでしっかりと人体を観察する姿勢は現代の私たちも見習わないといけないと実感します!

 

次回は、血の生成と循環作用について解説します。

これは現代医学的にとらえてしまうとかえってわかりづらくなってしまうと思いますので、先程書いたようにメタファー(暗喩)として、イメージすると腑に落ちやすいんじゃないかと思います。

カテゴリー: 健康関連ネタ, 学習, 東洋医学 | コメントをどうぞ

柏で一番わかりやすい東洋医学《第3回》・・・『気がもつ生理的な5つの作用』

柏市 東洋医学

『柏で一番わかりやすい東洋医学シリーズ』の第3回。

 

前回は、腎(丹田・・・おへその下)から発生する原気(元気、げんき)、胸の中央部で活動する宗気(そうき)、血脈(血管内)で活動する営気(えいき)、体表近くで活動する衛気(えき)の4種類の気と働きについて解説しました。

柏で一番わかりやすい東洋医学《第2回》・・・『気の種類と働き』

 

今回は、これらの4種類の気がもつ生理的な『推動作用温煦作用防御作用固摂作用気化作用』の5つの作用について解説していきます。

 

推動(すいどう)作用

体液(血や津液)の流れや循環を促進する作用。この推動作用によって、臓器や経絡が働いたり、身長が伸びる発育や成長などの働いたりする。

 

温煦(おんく)作用

身体を温める作用。この温煦作用により体温を一定に保てる。臓腑、経絡、血や津液などは温煦作用により円滑に機能する。

 

防御作用

身体の表面、つまり皮膚を保護し、自然界の気候やウィルスや最近など人体外部からの病因(外邪)の侵入を防ぐ。人体に病因が侵入した場合は、これに抵抗し駆除する。

 

固摂(こせつ)作用

汗や尿などの排泄が多すぎる。出血や精液の流出など、体液の不要な漏れ(漏出)を防ぐ作用。

 

気化作用

気から血、血から精など、気、血、津液、精の間の転化(変化)のこと。また汗や尿、排泄物の生成など、物質の変化も気化作用による。

 

ちょっと専門的な東洋医学用語も書いていきましたが、動かしたり、温めたり、守ったり、固めたり、変化させたりなど、これは電気などの電力エネルギーと同じ作用ですね!

電気も『気』と書きますが、気も電力と同じようなエネルギーと捉えるとイメージしやすいんじゃないかと思います。

 

次回は、東洋医学において生命活動を維持するための物質『気(き)、血(けつ)、津液(しんえき)』『血(けつ)』に移って、『血(けつ)』を解説していきます。

カテゴリー: 健康関連ネタ, 学習, 日々の柏整体院, 東洋医学 | コメントをどうぞ

東京大学医学部付属病院施設見学に行ってきました!

image1 柏 整体

 

2016年も残すところ、あと数日となりました。

 

昨日は、午後から東京大学医学部付属病院リハビリテーション部物理療法(鍼灸あん摩マッサージ)部門責任者であり、国際鍼灸専門学校では非常勤講師として、あん摩実技の授業を教えてくださっているK先生のご厚意によって、東京大学医学部付属病院リハビリテーション科・部の施設見学をさせていただきました。

東京大学医学部付属病院リハビリテーション科・部

 

東大病院では、一人の患者様に対して、一人の医師(臨床家)が治療や健康管理のすべてを実践していくことは困難であるという現状認識から、多職種によるチーム医療で情報交換を行い、より患者様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)を向上させる動きが盛んになっています。

 

その動きの中で、東洋医学的治療手段が選択されるのもその1つで、「西洋医学と東洋医学の融合」また「代替・保管医療」など医療の中では鍼灸治療に対する認識も徐々に変わりつつあります。

 

東大病院において鍼灸治療は、
①予防医療として、
②現状の治療に限界がある場合、
③薬物療法との併用で相乗効果を目指す、
など、多種多様な疾患・症状に対応することが可能で、真の補完・代替療法として重要な治療選択と位置付けられているとのことです。

 

ひとつの例を挙げると、リハビリ部鍼灸部門では女性診療部門の専属で鍼灸治療を行っており、女性特有の疾患である更年期障害や不妊症、月経困難症等に対して専門医と共同で臨床と研究活動を行い、鍼灸部門が各専門分野で専門医と共同で臨床医療を行っているとのことでした。

 

最近では、日本社会全体が高齢化社会という問題に直面しているのもあって、厚生労働省が主体となって、高齢者の方が重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができるよう、住まい・ 医療・介護・予防・生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築を推進しています。

 

東大病院リハビリテーション部鍼灸部門の取り組みは、鍼灸やカイロプラクティックなどの代替療法が地域社会や地域医療とどのように関わっていくべきか、未来に向けてあるべき姿を示している取り組みだと感銘を受けました。

 

私も鍼灸あん摩マッサージ指圧師の国家資格取得まであと1年強。
地域社会や地域医療に貢献できる代替療法家を目指して、当院に来院されるクライアント様への施術も、鍼灸あん摩マッサージ指圧師国家試験に向けての勉強も頑張っていこうと気が引き締まった東大病院施設見学でした!

カテゴリー: 健康関連ネタ, 学習, 日々の柏整体院, 東洋医学 | コメントをどうぞ
2 / 8123...»
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。