私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

末梢神経の絞扼障害⑤

今回のブログは 千葉県 市川市の川島カイロプラクティック 川島和美先生の記事を引用しています。

柏市 坐骨神経痛

身体の不調の原因は様々ですが、神経の通り道が締めつけられて辛い症状が出てくる場合があります。
脊髄や脳といった中枢神経ではなく、手や足といった末端(末梢)で出てくる症状ですので「末梢神経 絞扼障害」と言われます。
 
今回は「お尻や脚の痛み」についてお話しします。

腰痛と共にお尻から足にかけて痛みをお持ちの方はとても多いですね。
「腰と、お尻と、太ももが痛い?それって坐骨神経痛でしょ!!」とピンとくる方もいるでしょう。
今は「そうかもしれません(^皿^)ニシシ」とだけ言っておきますね!
 
坐骨神経痛ってどういうものか、どの神経さんが関わっているかご存知ですか?
坐骨神経痛は腰の4番目~仙骨の4番目位から出てくる2種類の神経さんが
腰から足へ伸びていきます。
(ちょっと細かいですが、「総腓骨神経」と「脛骨神経」といいます)
 
足のどの辺に伸びていくかというと、太ももの後ろふくらはぎの外側&すねの外側足の甲と裏側です。
だから上記の場所に痛みが出てきた場合は「坐骨神経痛」と言われることになります。
背骨の部分で問題が起きている可能性があるわけです。
 
ということは、腰が痛くて、太ももの内側が痛いのは実は坐骨神経痛とは違ーう!のです。
 
じゃあ、
腰とお尻と太ももの後ろが痛いのは?
これは背骨よりもっと先の問題かもしれません。
腰が痛いとお尻の筋肉さんも弱くなってしまっていることが多いのです。
すると腰+お尻+太ももの後ろが痛くなってきます。
お尻の痛みが出るか出ないかで、痛みを出している原因が変わってくることがあります。
 
さきほど「そうかもしれません(^皿^)」と書いたのは、細かく見ると坐骨神経痛が関係していないこともあるということなんですね!
 

もっとも痛い方から見れば、名前なんてどうでも良い、ってカンジですよね。
そういう時はどんな風に体を動かすと痛いか教えてください。
体を前に倒す(前屈する)と痛い
体を横に倒す(側屈する)と痛い
痛い方に体重を乗せるともっと痛くなる?
痛くない方に体重を乗せるともっと痛くなる?
など。
これらは整形外科(どうやって体を動かした時に痛みが出るか)テストの答えにもつながります。
さらに、どうやったら痛くなくなるのかも教えてもらえると、改善へのヒントにもつながります。
 
痛みを持つ方と、施術する側とが一緒になって原因を考えていけると良いですね。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。