私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

カテキンって農薬?【カテキンというものの存在】

今回のブログは 中野カイロプラクティックオフィス 薬袋 聡先生の記事を引用しています。

柏 整体

”緑茶で高血圧予防や糖尿病予防の効果を期待しましょう” といったことが健康番組などで取り上げられたりしています。
 
その中でもよく効能でいわれている成分が、 ”カテキン”  です。
では、その ”カテキン”  とはどういったものなのでしょうか?
本当に、健康的な効能はあるのでしょうか?
 
実は、体脂肪を減らすと言っている健康茶に添加されているカテキン成分は農薬であると言われています。
 
正式名称の化学物質名は2-(3、4ージハイドロキシフェノ―ル)-3、4-デハイドロー2H-1-ベンゾピランー3、5、7-トリオールというものです。
 
カテキンとは、1 カテキン、 2エピカテキン、 3 エピガロカテキン、 4エピカテキンガレ―ド 5 エピガロカテキンガレ―ド の5種類あります。 この中で、国立環境研究所のHPによれば 3と5は殺虫剤の農薬の一種です。
日本ではまだ登録農薬になっていませんが、いつ使われるかわかりません。
 
お茶に限らず、どんな農産物にも農産物自身が身を守るために農薬的成分が含まれています。
しかし、その農薬的成分を分解する酵素も農産物自体に含まれているため、農産物をそのまま食べると農薬的成分が酵素で分解され、無害化されます。
 
しかし、農産物から農薬的成分だけを分離抽出し、濃縮して精製すれば、殺菌力のある化学物質に なり、人体にも有害なものになります。
農薬と分離抽出したカテキン入りのお茶とは濃度の違いがあるでしょうが、カテキン入りの健康茶を飲むということは ”農薬” を飲んでいるようなものなのです。
 
また、カテキンが体脂肪を減らすと言っていますが、理屈はカテキンがアドレナリンを分解する酵素の働きを阻害するので、アドレナリンが増えて交感神経の作用が強くなり、体脂肪の燃焼が活発になるというものです。
 
脂肪の燃焼が活発になるくらいアドレナリンによる交感神経の作用が強くなれば心拍数の増加、高血圧不眠症、下痢などの副作用が現われます。
さらに、厚生労働省のHPの健康茶に関する特定保健用食品の審議会議事録によれば、高濃度カテキンによる発がん性物質も問題にしています。
 
また、茶葉にかけた農薬が雨で流れ落ちないように接着剤のような粘着剤を農薬に混ぜることがあります。
以前は化学調味料をいれて味をよくしているお茶がありましたが、いまだこんなものがあるかもしれません。
カテキンのみならず残留農薬や粘着剤も遺伝子に何らかの悪影響を及ぼす可能性があります。
 
なので、”カテキン” というものと、健康に関する効果や効能といったものは、本当に関連があるのかどうか?疑問と思わざるえないことも多いです。
 
やはり、お茶といったものに関しても、TVのCMに惑わせられずに農薬の使用状況などの生産過程といったことも、お茶選びの一つのポイントとしなければならないかも知れませんね。
 


カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 日々の柏整体院   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。