私たちは、日本中の元気を応援しています。災害にあわれた地域の一日も早い復興を心よりお祈りしています。
整体日記

カテゴリー別アーカイブ: 学習

学習

これからの季節に大活躍 “鼻水” その成分と役割は?

今回のブログは 中野カイロプラクティックオフィス 薬袋 聡先生の記事を引用しています。


柏 整体

年始早々、風邪などを引かれた方なども少なからずおられたかも知れません。体調回復までいろ
いろとたいへんではなかったでしょうか?
 
風邪を引いたときに、どうしても避けられないのが、  ”鼻水”  です。
 
外出先でも常に、ポケットティッシュが手放せないなどいろいろと不便が出ることと思います。
では、この鼻水にはどのような成分であったり、どのような働きがあるのでしょうか?
鼻水の成分は?
 
まず、9割が水分です。残りはたんぱく質、脂肪、糖などで構成されています。
 
鼻水はどこにあるの?
 
鼻水は、体の中から自然と湧き上がってくるものではありません。
鼻水は、鼻腔(目の下からあごの上)と呼ばれるところにあり、そこに分泌されていて蓄積されています。
その量なんと、大人で1.5リットルほど1日で作られます。
 
どんな役割があるの?
 
その主な役割の一つは、”鼻の内部の洗浄”です。
これから出て来る ”花粉症”やアレルギーでお悩みの方などにとても関係がある働きなんですが、ハウスダストや、アレルギー物質が鼻を通じて体内に入ってこようとする時、それらの物質をブロックする役割が鼻水にはあります。
 
その場合の鼻水は、水道の蛇口から出てくる水のように急に出てくることがあります。
これは、体内に様々なアレルギー物質が入ってこないように必死で洗い流そうと頑張ってくれているからです。ただ、アレルギー物質の流入が止まればピタリと鼻水は止まってくれます。
 
その次が、”風邪” のときです。
 
風邪も最初のうちは、アレルギーのときと同じように透明な鼻水から始まりますが、風邪の場合は、風邪による鼻の粘膜の炎症が持続的であり、鼻の中のウイルスや細菌が増えてきてしまっている為、”白血球”や”抗体”と呼ばれる物質が一生懸命細菌と闘ってくれています。
 
この闘いで死んでしまった白血球が、鼻の粘膜から鼻水と一緒に流れしみだしていきます。
風邪の末期で、鼻水が粘り気が出てきたとか、色が変わってきたなどといったときなどは、白血球が頑張ってくれているということ。白血球に感謝してもいいかもしれません。
 
また、最近はあまり見かけませんが、いわゆる「青っ洟」と呼ばれる青っぽい鼻を出している子供が昔はよく見かけられたみたいですが、これはたんぱく質の不足により、白血球ががんばりすぎてしまっていることにより、見受けられることのようです。
 
また、映画などを見ていて、涙と一緒に鼻水が出てくることもあるかもしれませんが、これは涙の一部が涙鼻管といった目と鼻をつなぐ管を通って ”鼻腔”に流れ鼻水となって出てくることによります。
もし、映画などを見ていて鼻水が出てきたら、”これは涙だよ”と言いわけをしてもいいでしょう。
 
これから、まだまだ寒くなり風邪を引いたり、花粉症などで悩まされる季節となっていきますが、体調に十分注意して、”鼻水”  と上手く付き合ってみてください。

カテゴリー: NPO活動, 健康関連ネタ, 学習, 日々の柏整体院 | コメントをどうぞ

柏の整体|国際SOT(仙骨後頭骨テクニック)インストラクター試験合格しました!

先日、所属しているパシフィックアジアカイロプラクティック協会にて、カイロプラクティックのテクニックであるSOT(仙骨後頭骨テクニック)の国際インストラクター試験を受けてまいりました!

結果は、見事に合格!!

柏市 SOT

SOT資格認定試験は、アメリカのSOT研究協会であるSORSI(国際仙骨後頭骨学会)が作成した試験で、SOTインストラクターを認定するために行っている試験です。

このインストラクター資格がなければ、SORSIはもちろん、SOTO各国内でのセミナーや教授を行うことができません。日本の提携SOT研究機関であるSOTO-JAPANでも、この試験問題を翻訳し、世界共通の認定試験として出題しております。

 

試験は3つのプロセスに分かれていて、それぞれ受験資格が異なっております。(今回私が受験したのはベーシック試験です。)

何年、何十時間とセミナーを受講された先生がこの試験にチャレンジしますが、合格率は約50%。決して簡単な試験ではございません。

逆を言えば、この試験に合格すれば正当なSOTの教育を受け、多くの勉強をしてきたということ、そして世界各国のSOTインストラクターと同レベルの実力があるという証明になります。

 

カイロプラクティックは、日本では法制化されていませんので、カイロプラクターの技術レベルを図ることが非常に難しく、それに伴って整体院の選択も難しいところがあるかと思いますが、今回のSORSI(国際仙骨後頭骨学会)認定SOTインストラクター試験合格は、私自身の学習だけでなく、どんなところに通ってよいのかわからない方に安心して通って頂ける選択基準のひとつになるのかなと思っております。

 

柏市近辺で整体院を探している方は、安心して当院にお越しください!

 

 

カテゴリー: 地元(柏)ネタ, 学習, 日々の柏整体院 | コメントをどうぞ

医学の歴史~中世【近代病理学の父モルガーニ】

今回は、NPO法人トータルヘルスサポーターズのブログリレー担当として、医学の歴史を書きます。
今回は、近代病理学の誕生について書きます。

 

以前のブログ『医学の歴史~古代ギリシャ【ヒポクラテス】』の箇所で、古代ギリシャのヒポクラテス
が属したコス学派の「病気を見ずに病人を見よ」という概念を紹介させて頂きました。
また、現代人も「病気を見ずに病人を見よ」とよく口にします。

 

しかし、本来この言葉は、「病気を見る能力」があるからこそ、意味がある言葉になるんだと思います。
今回は、いつの時代から人間が「病気を見る」ことが出来たのか。
「病気を診る学問=病理学」の誕生について書いていきます。

 

病理学は「病理解剖学の父」と称される解剖学者、ジョヴァンニ・モルガーニによって確立されました。

 

柏市 整体

ジョヴァンニ・モルガーニは、1682年、北イタリアのフォルリに生まれ、16歳のときからボローニャで医学と哲学を学び、その後、ボローニャで医学と哲学を学び、その後、ボローニャ大学解剖学教授アントニオ・ヴァルサルヴァの助手となりました。

 

1709年にはフォルリに戻り結婚し、12人の娘と3人の息子にめぐまれました。

 

彼はここで開業医となり成功しましたが、その後まもなく1711年に名門パドヴァ大学の理論医学の第2教授として招かれ、1715年、解剖学教授に任命されました。

 

もちろん、彼以前にも大解剖学者ヴェザリウスなど、病死体の重要性を説いて、何例もの病理解剖を行い、その記録を残していたと伝えられていますが、これが出版されることはありませんでした。

 

そんな時代にあって実直な性格のモルガーニは自分の主張を完璧にまとめあげるまで忍耐強く研究を続け、そして1761年、79歳になってようやく自分と恩師ヴァルサルヴァが行った膨大な剖検の記録を一冊の医学書として出版しました。

 

これが人類史上初の本格的な病理解剖学書『解剖により明らかにされた病気の座と原因』です。

 

この『解剖により明らかにされた病気の座と原因』の症例を紹介します。

 

症例1

74歳男性、1か月前より右脚を引きずるような歩き方をはじめ、腹痛を訴えていた。
やがて右下腹部に「犬にかまれたような」激痛が出現。

 

診察した医師は、右下腹部にしこりを触知、老人は脈が速く、目は落ちくぼみ、舌が渇いていた。

 

やがて痛みとしこりは腹部全体に広がり、老人は臭い嘔吐をして悶絶して死亡。

 

解剖所見では、盲腸の基部に広範な壊疸がみられ、足に通じる筋肉に接して大きな腫瘍が形成されていた。

 

症例2
酒飲みの乞食、酔っ払って仲間と喧嘩し左こめかみを棒で殴られる。受傷直後は左耳から出血がみられた。

 

その後ケンカはおさまり仲間と仲直りのワインを飲んでいたが、その後しばらくしてから乞食は急死。

 

解剖所見では、頭蓋と農を包む膜の間に血塊が生じ、大脳皮質が圧迫されていた。

 

現代の医学知識と照らし合わせると、前者は「虫垂炎」
後者は「急性硬膜外血種」であることがわかります。

 

モルガーニは、このような症例を積み重ねることによって「病気の症状は、特定の臓器の障害によっておこる」という事実を明らかにしました。

 

彼はこのような研究によって「症状とはやんだ器官の悲鳴である。」と有名な言葉を残しました。
彼の登場によって、1500年にわたって医学を支配し続けていた仮説推論でなりたった古代ギリシャから四体液説などの「体液病理学説」は崩壊し、観察と検証を繰り返していく科学的アプローチによって、医学は更に発展していくことになります。

 

今回は、「病人を見ずに病気を見る」という視点から、近代病理学の歴史について書きました。

 

「病気を見ずに病人を見る」
「病人を見ずに病気を見る」
このふたつは議論になることもありますが、どちらが正しいというのではなく、常に両方の視点からバランス良く症状に対してのアプローチが大切なのだと改めて考えさせられます。

カテゴリー: NPO活動, 学習, 日々の柏整体院 | コメントをどうぞ
4 / 8«...345...»
ボキボキしない!こわくない!痛くない!女性もお子さんも年配の方も安心。